« 不幸メールの墓場 メイン 携帯電話 vs PDA »

July 14, 2005

p2導入

個人情報保護法が施行され、企業では情報の扱い方が厳しく問われることとなりました。

私は某プリンタメーカーに勤務していますが、その例外ではありません。

USBメモリは会社指定の物でIDとPassの義務や、 ノートPCにUSB認証キーをつけないと業務用データにアクセスできないなどの様々制約がかけらています。

個人情報と直接関係はしてきませんが、 Webサイトのいわゆる"コンテンツフィルタ"もされています。

当然、2chやmixi、アダルトサイト。最近ではBBSという文字がURLに含まれると見ることができません。

ですが2chなどは少なからず有用な情報が落ちているので私は抜け道を使ってみてます。

それがこれ、p2という2chビューアです。

p2はPHPスクリプトで作られており、このスクリプトWebサーバ上で動作させます。

当然FEはブラウザ。

なので様々なプラットフォーム超えて、ネット+ブラウザのみで共通の2chビューアとして使えるのが最大の特徴です。

そしてこのp2を使う理由として先ほどのコンテンツフィルタをスルーすることが可能になるんです。

コンテンツフィルタをかける方法にはいろいろありますが、 一般的にはURLやmeta情報から禁止にしたいキーワードが検出されれば閲覧不可にするというのが一般的でしょう。

つまり、URLやhtml上からそれらのデータが検出されなければ、コンテンツフィルタに引っかからずにユーザへ届くことになります。

p2は設置したサーバを経由して2chの情報を取得するためURLが引っかからず、見に行けるわけです。

 

おそらく、社会人の方で2ch見たいけど会社じゃ見られないという方も多いと思います。

契約プロバイダのサーバや、フリーでPHP使わせてくれるサーバをレンタルするなどして、p2使ってみてください。

ただし、p2を使い不利益なことが発生した場合に私は責任をとれないので、悪しからず。

つーか、自己責任でお願いします。

 

p2 - PHPで作った2ch Viewer

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/28