« ヲタケン メイン 久々に徹カラ~♪ »

July 8, 2005

Death Note 7巻

名前を書くとその相手が死ぬというDeath Note。

前巻、ヨツバ火口が追いつめられて逮捕直前で終わりました。

今巻はちょうど火口が逮捕されるところから始まります。

逮捕された火口はDeath Noteの存在をLたちに話し、ノートをさわった夜神(元)局長はレムの姿に驚きます。

Lや他のメンバもノートに触れ、レムの姿を確認していき、最後に夜神月にノートが回ります。

これ以上はネタバレがあるので読んでからどうぞ。

DEATH NOTE 7 (7)
DEATH NOTE 7 (7)
posted with amazlet at 05.07.08
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 (2005/07/04)
売り上げランキング: 2

さて、月はノートを再び触れて記憶を取り戻します。

記憶を取り戻した月は記憶を失う前に用意してあったノートの切れ端を使い火口を抹殺し、いよいよL-竜崎への逆襲を開始するのでした。

ノートを受け取り記憶が戻ったときの「勝った」という月の悪鬼のような顔は忘れられません。

月はレムのミサへの気持ちを利用し、ワタリ、ついにはLをも抹殺します。

同時にミサの寿命に関わったとしてレムをも抹殺し、死神すら殺してしまうのです。

それから数年後、キラが神として受け入られていく世界情勢の中、Lの後継者と思われる二人の少年がDeath Noteに肉薄していきます。

メロとニア。

この二人がいったいどのようにしてキラやDeath Noteに絡んでいくのかは次巻以降のストーリーで明らかになっていくでしょう。

 

今回の7巻はかなり読みでがあり、充実した巻だと思います。

夜神月がキラへ戻る瞬間。それはまさに死神になる一瞬でしたね

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21