« RO職業占い メイン p2導入 »

July 13, 2005

不幸メールの墓場

昔、携帯メールがまだないころ、学生たちの間で流行った「不幸の手紙」。

この手紙を読んだ人は5人にこの手紙を出さなければ不幸になります。

とかなんとかこんなような文面でひたすら回っていく手紙でした。

現在では、これが携帯、eメールで流れていてネズミ講式に増えていくという始末。

手紙であれば郵政省が儲かるので、そこまで悪い話ではないのですが、メールとなると話は別です。

メールはサービスプロバイダのDNSとメールサーバ、各キャリアが用意する回線を利用します。

DNSサーバやメールサーバは不幸メールぐらいでは落ちることはほぼないでしょうが、 回線のほうは余裕があっても無駄なトラフィックは未然に防止しなければなりません。

このチェーンメールを止めるためには、回ってきた人が止めてしまうのが一番です。

ですが、「このメールを他の人に送らないとあなたが不幸になります」とか、書かれてたらビビっちゃう人もいるでしょう。

そこで日本データ通信協会の迷惑メール相談センターがこれらの不幸メールを含む、 チェーンメールの墓場となるアドレスを作ったらしいです。

墓場アドレス?と思う方もいるでしょうが、要するにそのアドレスに送ればチェーンが止まるっていうアドレス。

センターのほうでこのアドレスに送られてきたメールは責任をもって消去するということらしいです。

↓がそのチェーンメール停止用アドレス。

 

 

詳細はasahi.comこの記事を見て下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/27