« ご意見番、お疲れ様・・・ メイン Trackfeed設置 »

August 15, 2005

終戦60年目

終戦記念日です。

今日私はちょっとしたイベントというか、個人的な記念日だったのですがこれは割愛。

さて、終戦からちょうど60年経ちました。

干支がちょうど一回りしたこの年、4年にも及ぶ太平洋戦争は集結しました。

私の祖父母は当時幼いながらも戦争を体験しており、時たまその時のことを話してくれたりします。

私は戦争というものを知らずに生きてきており、今日の60年目の終戦記念日も黙祷しかしてません。

そんな中、ちょっとしたFlashを見つけました。

戦時下マインドコントロールされていたとか言われていますが、その誇りは現代の日本人よりもよほどしっかりしていたと感じました。

 


さくら

作詞作曲:森山 直太朗

僕らは きっと待ってる 君とまた会える日々を
さくら並木の道の上で 手を振り 叫ぶよ
どんなに苦しいときも 君は笑っているから
挫(クジ)けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

霞みゆく景色の中に あの日の歌が聴こえる
さくら さくら 今、咲き誇る
刹那(セツナ)に散りゆく運命(サダメ)と知って
さらば友よ 旅立ちの刻(トキ)
変わらない その想いを今

今なら言えるだろうか 偽(イツワ)りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉
移りゆく街はまるで 僕らを急(セ)かすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる瞬間(トキ)を信じ
泣くな友よ 今惜別のとき
飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠(トワ)にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散る道の
さくら舞い散る道の上で

 

さくら
さくら
posted with amazlet at 05.08.16
森山直太朗 御徒町凧 中村タイチ
ユニバーサルJ (2003/03/05)
売り上げランキング: 1,715
おすすめ度の平均: 4.76
5 最高です。
5 日本音楽界のニューウェーブ 森山直太朗
5 レンタルで済ますにはもったいない名盤!

 

・・・このFlash見て号泣したのはナイショです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/75