« W31SAⅡ メイン サイトのお引越し。 »

September 9, 2005

au初のおサイフケータイ「W32H」発売

9月9日、まさに今日、au初のおサイフケータイ「W32H」 が発売されました。

主だった機能としては、SDaudio対応(専用リモコン付属)、FMラジオ機能搭載、PCSV(Opera7.6)、PCDV、 128万画素CMOSカメラ(AFなし)、おサイフ機能、BREW3.1と多機能モデル。

色はソリッドシルバー、フロストグリーン、ラピスホワイトの3色。

 

  W32H
サイズ 約50×98×25ミリ
重さ 約126グラム
連続通話時間 約200分
連続待受時間 約220時間
カメラ 有効128万画素CMOS(AFなし)
外部メモリ miniSD
メインディスプレイ 約2.2インチ6万5000色の透過型微反射タイプTFT液晶(QVGA)
サブディスプレイ 1インチ6.5万色のSTN液晶
EZチャンネル
EZナビウォーク ○ (地磁気センサーなし)
着うたフル
聴かせて検索
安心ナビ
ボディカラー ソリッドシルバー、フロストグリーン、ラピスホワイト
データフォルダ容量 約41.5Mバイト
Eメール送信BOX容量 約1.2Mバイト
Eメール受信BOX容量 約2.4Mバイト
日本語入力 ATOK for au + AI推測変換「APOT」(関西弁対応)
発売日 9月9日

 

難を言えば、液晶が2.2インチなところでしょうか。

日本語FEPもATOKでSIPがAPOT。

"続き"の前にITmediaさんの記事へリンクしときましょう。

今日発売ということで2chの携帯機種板の専用スレの評判を見てみましたが、雰囲気的にはどうやら新たなW21Sに続く神機な予感とか・ ・・。

ともかくサクサク感が圧倒的らしく、PCSVも何のその。

このサクサク感といのは操作時のレスポンスタイムのことですね。

これが0.1秒でも遅くなるとユーザはものすごくフラストレーションがたまりますからね。

ましてや私みたいにフィーリングでサクサク動かないとイヤーンな人間にとってはまさにこの「サクサク感」が命ですw

ちょっと前まではW31CAがほしいなぁと思ってたんですが、 スレを見てたらめちゃくちゃこちらに惹かれてます。

ただ、嫁さんの携帯との兼ね合いもあるんで(嫁さんは21CA)まだ何とも言えないですねぇ~。

残念なところは付属のUSBケーブルからの充電はできないことぐらいかな?(W32Hスレ情報)

 

とりあえずは京ポンのモッサリ感(⇔サクサク感)と回線速度に我慢できないのでとっととWINにしたいです(´・ω・) ショボーン

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/138