« GODZILLA メイン NHK、裁判所に泣きつく »

September 20, 2005

VineLinux3.2 リリース

VineLinux3.2が正式にリリースされました。

3.1のメンテナンスリリースなので目新しいモノはないですが、地味にドライバ周りとかXOrgとかをアップデートしてる模様。

以下が3.1からの変更点です。

  • リリースされているErrataの適用
  • インストーラのバグ修正
    -より多くのSerialATA機器に対応
    - ハードウエアの認識率を改善
    - X のフォールバックドライバを VESA に変更
    - ACPI を有効化 - その他バグフィックス
  • Kernel-2.4.31 へ更新
    - 2.4.31 へ更新
    - NFSv3 の不具合修正
    - Software Suspend を 2.1.5.7B に更新
    - MPPE パッチの更新
    - USAGI IPv6, Openswan IPsec の追加
    - NTFS を 2.1.6a に更新
    - i2c,lm_sensors を 2.9.1 に更新
    - cpufreq を更新
    - agpgart, drm を更新
    - r8169, 8139too, sk98lin ドライバを更新
  • XOrg-6.8.2 へ更新
    - 6.8.2 へ更新
    - nv ドライバの更新
    - i810 ドライバのバックポート(i915GM,i945G対応)
    - その他バグフィックス
  • その他一部パッケージのバージョンアップ
    - kernel および XOrg の更新に伴う変更が必要なパッケージの更新
    - 一部ライブラリパッケージから不要なシンボルを削除
  • その他
    - apt-get update 初回起動時のエラー修正
    - artwork,テーマを更新
    - その他細かなバグ修正

とまぁ、こんな感じです。

早速会社のサーバ君達をアップデートしてあげようとここのsources.listをコピペして"/etc/apt/sources.list"に上書き。

あとは不思議な呪文を唱えます。

#apt-get update
#apt-get dist-upgrade

これだけでアップデート完了。

Postfixのバージョンも上がってたので簡単な実用試験をしてみましたが、 元々のmain.cf等のコンフィグで何ら問題なく動作しているので大丈夫でしょう。

メンテナンスリリースだけに今のところ安定した動きをしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/158