« やさぐれぱんだ メイン Audio CDにrookit・・・('A`)ヴァー »

November 4, 2005

ソフトの二重化ってそんなに難しいんですかね?

この間書いた東証のシステムダウンの件ですが、こんな会見があったそうです。

「ソフトは二重化できない」

どうやらハードは多重化してバックアップしてるらしいんですが、ソフトのほうはできないとか・・・

規模は違いすぎるけど、一応サーバやPCに携わる仕事してるんで考察してみると、私見で言えば

「ソフトの多重化しないほうがおかしい」

という結論に達しました。

ハードウェアの多重化は当然、物理的な故障確率が0%になることはないので必須ですよね。

逆にソフトのトラブルも絶対に出ないかというと、どんなに試験しても出てくる可能性は0%とはいかないというのが私の持論です。

もちろん、ミスが出ないようにいくつものチェック項目があって、トラブルケースもその項目に入ってるんでしょうけど、 現実に今回のソフトトラブルは発生したわけで・・・

責任うんぬんもありますが、再発防止のためには責任どうこうじゃなくて、その運用体系に着目し、 絶対に止められないシステムならそれだけ多重化しとけってことですよ。

トラブル率0%なシステムじゃないなら、不可能を可能にする策を打たない限り、また同様にトラブルが起きそうな気がします。

ていうか、起きてから遅いわけで・・・つまり多重化しとけってことw

掘り進めてみると、ソフトの多重化って要するにゾンビかしたプロセスを切り離して、 新たなプログラムをスタートすればいいんじゃないでしょうか。

私はそんな大きなプログラム組めるほどの技術は持ち合わせていないので、あれですが・・・

メインのプロセスからTime outになった時に、多重化されたシステム全体-この場合はハード、ソフトのこと-でそれを管理し、 そのプロセスを切り離して、バックアップ用のプログラムをスタートすればいいんじゃないかと思うんです。

これは素人の浅知恵ってやつなのかなぁ・・・?

当然管理用のサーバとかもあるんでしょうが、管理用のサーバもLBなどで多重化されてるだろうし・・・うーん。

「こうやれば、問題なし!」とまで自信があって言ってるわけじゃないんですが、何か「不可能」 とか言われると胡散臭く聞こえるんですよねぇwww

と、素人っぷりを発揮しつつ、詳しい記事の内容は↓見てください。

ITmediaニュース:「ソフトは二重化できない」――東証の取引停止、原因はプログラムミス
東証史上初となる全銘柄の取引停止を引き起こしたシステム障害の原因は、プログラムミスだったと分かった。

この話題に関するクチコミ(39件)を見る

話題の.jp

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208