« Mr.&Mrs.スミス(BlogPet) メイン Livedoor ⊂ニニ( ^ω^)ニニ⊃ブーン »

January 17, 2006

玄箱 その2

遅くなりましたが、続きいきます。

まずは通常のNAS状態になった玄箱ですが、こいつにtelnetでログインしてみる。

まぁ、中身はいたってシンプルなLinuxなご様子。

まずは「玄箱Vine化」 のページに行って、どのようにVine化するのか眺めます。

んでもってここからVineのディス鳥セット落としてきて、 上記のサイトの通り必要なもんを玄箱にうpして、解凍します。

#tar xvzf *gz

これで必要なもんは全部展開されたので各種設定をせこせこいじる。

各設定が終わればとりあえずはLinux Workstationの完成。

でもこれじゃOSいれただけでただの箱。

そういうわけで自分の環境を構築していきます。

エディタはviよりemacsが好きなのでまずはそこから。

aptを使うためには「/etc/apt/sources.list」 をいじります。

#vi /etc/apt/sources.list

このリストファイルの中で適当にVilePlusの頭のコメント#を取り除いて保存。

sources.listを編集したらまずは既存ソフトをアップデートしてからemaccsを入れました。

#apt-get update
#apt-get upgrade
#apt-get -y install emacs

これでemacsのインストール完了。

次にSambaを入れ替えました。

せっかっくVineにしてapt使えるんだからRPMで管理したほうが楽だしね。

古いSambaを消します。

#cd /etc
#rm -r -f samba

その後aptでSambaをインストール。

#apt-get update
#apt-get -y install samba

あとは「/etc/smb.coconf」をいじって、Sambaを起動してやればNASとして働きます。

#service smb start

以上、ここまででLinux化了。

次はApacheやらなんやら入れてWeb鯖化したいと思ってるんだけど、 いつやる暇あるんだろう(;´д`)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/254