« 柿ピーの黄金律 メイン 勝つには勝ったけど・・・ »

March 26, 2006

Antinyとかについての考察

なんかここのところWinnyでの情報漏洩事件が多発しており、政府公人の方の中には国民に対して「Winnyを使わないでください」 と呼びかけてる人までいるとか・・・

この情報漏洩事件ってたまたま普及しているWinnyでウィルスAntinyが流行したことによる二次災害であって、 Winny=情報漏洩っていうのは何か論点がズレている気がします。

そもそも目的はどうであれWinnyというソフトそのものに違法性はなく、 それを使う人の使い方に違法性が出てくるはずなのにWinnyを使うなとはどういうことなのでしょうか。

インターネット、パソコン通信時代といったネットワークの歴史の中で警察などの官公庁がてこ入れし始めたのはすごく最近です。

そこまであったネットの風土を根底から覆すというか、 そもそも無管理状態に放置しておいていきなり今度は管理しますといってもそのような機能化されていないものが、うまくいくはずありません。

そうした自分たちの責任をWinnyに転嫁してる気がしてなりません。

確かにWinnyそのものの違法性という問題はありますが、それとこれとは別問題でしょう。

まずAntinyをはじめとするウィルスに対するセキュリティの問題と、著作権を保護するためのP2Pに関する問題。

政府はこの二つに着目して対策を練るべきなんじゃないかと思います。

追記。

シマンテックさんからWinny検索ツールと、Winnyそのものへの考え方がちょこっと出てますので掲載しておきます。

引用開始──────────────────────────

 

Winny による機密情報漏えいについて


昨今、Winny などファイル交換ソフトを介してさまざまな情報が漏えいする事件が多発しています。

シマンテックは、Winny 自体を悪意のあるソフトウェアであるとは考えておりません。しかし、ファイル交換ソフト Winny は、Antinny などのような悪意のあるソフトウェアに利用されやすく、ネットワーク上で使用する際、 十分な注意と対策が必要となります。

Winny (ウィニー)とは
Winny はインターネットに接続したパソコン間でファイルを交換するソフトです。しかし、悪意のあるプログラムも交換しかねません。

Winny を悪用するワーム: Antinny(アンティニー)
ほとんどの情報漏えいは、Antinny という Winny を介して感染を広めるワームもしくはその亜種によって引き起こされています。 ウイルス対策では発生した時点での対策としては不十分である場合もあります。また、Antinny などのワームだけではなく、 トロイの木馬やハッキング・ツールなども見つかっており、さらに注意が必要です。

 

引用終了──────────────────────────

とまぁ、ようするにWinnyそのものは悪ではないが、 そのアプリの特性上狙われやすいよってことですかね。

 

参考URL
Symantec† Winnyによる機密情報漏えいについて

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/290