« きょうアルトで(BlogPet) メイン メシアが(BlogPet) »

May 11, 2007

どうしてプログラマに・・・プログラムが書けないのか?

私は普段アンケートなどで職種を記載する際には面倒なのでエンジニアと書くようにしてます。
そもそも、IT関連の"モノ作り"に携わっている人は基本的に、ソフト屋とハード屋に大きく2分され、 更にソフト屋でも専門のOSやドライバ、その他モジュールを書いていたりします。

お昼休みにネットを見ているとふと面白い記事を見つけました。
「どうしてプログラマに・・・プログラムが書けないのか?」という翻訳記事です。
最近じゃPGの応募に対して、PGに必要なスキルが備わっていないとか・・・。

記事の中で面白いのが「FizzBuzz問題」。
問題は以下の通り。

1から100までの数をプリントするプログラムを書け。ただし3の倍数のときは数の代わりに「Fizz」と、5の倍数のときは 「Buzz」とプリントし、3と5両方の倍数の場合には「FizzBuzz」とプリントすること。

ちなみに私もCでソース書いてみようと頭で描いてみると・・・まぁ5分ぐらいでしょうか。
頭でアーキテクチャ(というのも烏滸がましい程、簡単なもん)を描いて、ソースにするとそんなもんだと思います。

100回回るループ作って、変数を3と5で割った時の余りを条件式に入れて、 出力を変えればいいだけのお手軽なもんですね。

本当にこんな簡単なもんが作れなくてプログラマになろうっていうんですから驚きです。
人を非難することは良くないことですが、これじゃ電卓使えませんが、税理士志望って言ってるようなもんです。

本人の努力不足が問題なのか、学校やそういった教育体制に問題があるのかは分かりませんが、興味深い内容でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/448

» FizzBuzz問題 from いづまゑ
    アルトさんのblogで見かけた「FizzBuzz問題」。 わたしも挑戦し... [続きを読む]

トラックバック時刻: May 15, 2007 7:49 PM

コメント

メシアは、面倒とか面白い基本などを関連しなかった。

投稿者 BlogPetのメシア : May 17, 2007 11:55 AM