« 気づけばもう7月(´・ω・)=3 メイン 新PC! »

August 3, 2009

『勝つ』こと

だんだん、月1更新になりつつあるこのブログ・・・
ちゃんと更新しなきゃなぁ、とか思いつつも、夫・社会人・ゲーマーとして充実した日々を送っております。
ま、チラ裏だからね。ここは。

さて、パンドラに復帰してしばらく戦争に出たり弓作り直したりしてたわけですが、 久々に日曜日のジークヘイム攻防戦にて総指揮官をやらせていただきました。

開始前の指揮官陣でのMtgで、「もし、最後塔を一つとれば終了って場合にはどうしますか?」と聞かれて、一瞬返答に困りました。
その前のジーク戦では、王国さんのマスターコアを落とし、残り帝国さんの塔を攻略して全塔制覇で勝利した連合ですが、 2時間の持ち時間のうちわずか40分で終了となったのです。

勝利そのものは喜ぶべきものかもしれませんが、この歳になるといらん心配が脳内を駆け巡るものです。
開始わずか40分という時間で戦争が終わってしまって、他国(王国、帝国)の住民はモチベーションを保てるのだろうか???
これではただでさえ人が減っているパンドラサーガにおいて、ゲームの魅力である戦争にすら影響が出るのでは?、と・・・

この問いに対して答えを持ち合わせていない私は、当然上記Mtgでの質問に即答できるはずがありません。
それでも総指揮官ということはそうなった時の解を明示することは、総指揮官の義務の一つだと考えます。

私の(無理やり)出した答えは、『全塔制覇をせず相手本陣を攻める』でした。
Mtgでそう回答し、戦争準備時間(20時半~21時)の間にも、連合民の皆さんにはそうお伝えしました。
当然、勝てるのに勝たないの?という疑問やら不満の声があがります。
(直接聞こえてきたのはシャウトで1件だけでしたが・・・)

かくして、戦争ははじまり、開始直後からはある程度読みどおりに進んでいきます。
早々に王国さんを退場に追いやり、そのまま帝国さんの本陣攻めへ。

帝国さんも粘り強い防衛をみせて、攻めている西側ゲートが開きません。
そうこうしているうちに私や副指揮官さんたちの指揮下にいない連合3~4PTが帝国さんの塔を落としていくのが総指揮官のマップ特権で分かります。
当然私や副指揮官さんたちはそのような指示はしておりません。
きっと、戦略として有用であることから自発的に落としていったんだと思いますが、開始から1時間後に、 とうとう帝国さんの残りの塔が1つになりました。

ポイント的にはもう塔を取得する必要がなく十分なポイントがあり、尚且つ帝国さんは本陣防衛に張り付いてる状況なので、 ここで最後の塔を取得することを私が渋る発言をしました。

おそらく連合民の方々の大半は「なぜ勝てるのに勝たないの?」という疑問や不満でいっぱいだったと思います。

私の意見としては上記の通りですが、なかなかゲートが落ちないことでの前線でのMP枯渇や士気の下落も考慮し、ゲートを攻めつつ、 指揮下にないPTに最後の塔取得を指示しました(指示しなくても塔取得にかかってましたが・・・^^;)
帝国さんは最後の塔を死守したくても、本陣防衛で手が回らないだろうとの読みです。

しかし、これがまた最後の塔取得にも時間がかかり、ゲート・塔どちらも陥落しません。
最後の塔のセイフティーウォールが消えたのとゲートの陥落がほぼ同時。
あとはコアの硬さで劣る塔のほうが落ちて、全塔制覇で戦争終了。

言い訳がましいとか思われるんでしょうけど、時間を引き延ばすことで名誉がほしいなんてことはありません。
個人的には月マークが好きで名誉をバリバリ稼ごうなんて気にならないのです。

ただ、システム上勝てるからという理由だけでゲームを衰退する方向へ導きたくなかったのが本音です。
他国の、他人がどうなろうと知ったこっちゃないと思われるでしょうが、やはり相手も人間ですので、武士道じゃありませんが、 圧倒的な物量を誇る側が真っ向から相手本陣を攻めてもいいんじゃないかなと思うわけです。
ポイント的にも、兵力的にも圧倒的に連合有利なんですから・・・

これを戦争開始前にいってしまうと、暗に連合は数もいるからぶっ潰してやろうぜ!と取られるのが嫌で、でも勝つための戦略・ 戦術は必要で、連合民の皆さんに気持ちを伝えることができなくて歯がゆい戦争でした。

とか、考えつつ次回もし指揮官をやらせていただく機会があれば、『ただ勝つ』ことを考えてやらなきゃいかんのだなぁと反省しました。

『勝つ』ために戦略・戦術を明示するのは指揮官の務めです。
でも、ゲームバランスについて考えるのは我々ユーザの責務じゃありませんからね・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1359