« 機種変 メイン 停滞のローブ »

May 11, 2010

新譜を最後に買ったのいつだろう

何のこっちゃ?と思われるタイトルですが、元記事はこちら

要約すると音楽CDが売れないのはP2Pや携帯による違法DL(ダウンロード)のせいらしい。

その昔私が高校生のころ、先輩の家に遊びにいくとそこにはK6-2+下駄でバリバリに改造されたPC98があり、23時以降(テレホタイム)はインターネット()が使い放題!
家ではPC9801-UXという古いDOSマシンを使っていたので、このインターネット使い放題は魅惑の時間。
今でいうウェブサーフィンしっぱなし。
この頃はアーティスト名で検索するだけで山ほどMP3直DL可能なサイトが出てきました。
ま、Windowsなんて使ってなかった私にはMP3っていう拡張子が何なのかすら分かりませんでしたがねwww

これが1995~98年頃。
この頃はまだ割と普通のサイトにふつーに邦楽とかのMP3が落ちてました。
1999年ぐらいになって取り締まりが始まり、MP3をはじめ違法な代物は全てアングラへと消えていったわけですが・・・

それから約10年後の2009年。
つまり去年ですが、私新譜買ってません(´・ω・`)
せいぜいDISC UNIONやBookOffで中古CD買ったぐらいです。

こちらのスレでも語られてますが、今時の曲に魅力感じないんですよね。
新譜はたまにiTunes Storeで買う程度。
普段は大量に所持している昔のCDをMP3で聞いてます。

違法DLのせいで売り上げが落ちているのも事実なんでしょうが、それ以上になぜ売れないかを考えないと売れるわけありません。
売れないことに理由をこじつけ、売ろうとする努力をしないのは企業側の怠慢だと思いますが、これ如何に。

実際、欲しいと思う音楽ないせいかCD屋に行かなくなりました。
逆にBookOffでよくCD買ってる気がするw
最後に新譜買ったのいつだろ・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1392