« 久々に更新 メイン TESLA THREE »

August 28, 2016

Joyetech eVic VTC Mini with TRON

というわけで、電子タバコを再開した訳ですが、再開といっても5年ぐらい経っているので今回もスターターキットからです。
選んだ条件は↓の通り。

  • 18650のリチウムバッテリが使えること=リプレイサブル
  • 流行?の温度管理機能付き
  • 70W以上の出力(MUSTじゃない)
  • 漏れにくいアトマイザ
  • 予算は1万円以下

あれこれネットで情報収集して、Youtubeでこちらの動画が決め手になってJoyetech『eVic VTC Mini with TRON 』買っちゃいました。

浦島太郎状態ながらも元々電気関係の仕事をしているのでVV/VW/TC等のMODのことや低抵抗のことを理解するのは苦じゃありませんでした。
バッテリ(※注意)と同時購入し、早速セットアップしてみました。

コイルは同梱のNi200 0.2Ω。MOD読みで0.21Ωでしたが、0.01Ωなんで誤差ですね。
モードはTC Ni、温度200℃、20Wに設定

リキッドはおまけで付いてきたJoyetechのPeachを吸ってみます。
尚、写真なんて撮ってなかったので、テキストでの説明です。

すぅ〜〜〜〜、ブッハwwwゲホゲホ

あれ?電子タバコってこんなに煙出たっけ?
モクモックが好きだったので嬉しいのですが、サブΩの恩恵なのか思った以上に煙りが出てむせました。
味はまぁ・・・リキッド専門ではないメーカ製リキッドですし、正直不味いです(´・ω・)
リキッドに関してはその後すぐにSnowfreaks MEGA MASCUT買いました(こちらのレビューは後日)

アトマイザは心配していた漏れはなく、味は古い3ピース式の頃しか知らないので比較のしようがありませんが、悪くはないと思います
強いて難癖つけるならトップフィルが良かったな、ぐらいでしょうか

総合的に完成度が高く、初心者のくせに爆煙スキーな私でも満足いくものでした
まだまだ初心者の私ですが、スターターとしては非常に優秀だと思います。
ただし、セットのコイルがサブΩである以上、バッテリに制約がありますので、購入の際には下記を読んで下さい。

※注意:仮にTCモードで0.2Ωを使うとして、減衰を考えずに最悪4Vで出力されると、20Aの電流が流れる計算です(V = A x Ω、A=4V / 0.2Ω = 20A)。
基板で制御されていますので、4Vもの出力が温度管理で出るとは思えませんが、バッテリは最低20A以上出力出来るものを買いましょう
私はVWでも使うことを考慮し、SONY製VTC5 18650 30mAを買いました。

直接お店で買えばこういうことも教えてくれるんでしょうが、通販ですと初心者は分からないのでつい安い電池を買ってしまいがちです。
電池はケチるところじゃないので良いものを買いましょう。