« 1 Password 6 for WinのProxy設定 メイン 新年のご挨拶 »

September 23, 2016

Cthulhu RTA V2

クトゥルフ!クトゥルフ!
なんと厨二な響き。。。失礼しました。

恐らくVapor共通だと思うのですが、それぞれ思い描く理想のデバイス、ビルド、リキッドってありますよね。
私が最近凝っているのはアトマイザー。
煙量控えめ、味重視、出来れば4ml以上のタンク(Min3ml)、トップフィル、という4条件。
ということで、諸先輩方のレビューを見て選んだのが3つ。

Cthulhu MODのCthulhu RTA V2、AUGVAPEのMerlin RTA、WotofoのSerpent RTA →UDのGoblin mini V3
今回は最初に届いたCthulhu RTA V2をご紹介。
一応公式ページはこちら

スペック

口径22mm
高さ約58mm(DT/スレッドは含まず)
約70mm(DT含む/スレッド含まず)
素材ステンレス/パイレックスガラス
スレッド510/調整不可
ドリップチップ510/交換可能
容量4.7ml
リキッドチャージ方式トップフィル
AirFlowControlボトム/2スリットの無段階調整
付属デッキシングル/デュアル(排他利用)
cthulhu_rta00.JPG

本体と付属物

cthulhu_rta01.JPG
cthulhu_rta02.JPG

  • 内容物
  • Cthulhu RTA V2本体
  • シングルデッキ(本体にはあらかじめデュアルデッキ内蔵
  • デルリン 510ドリップチップ(黒)
  • 予備のオーリング一式
  • パイレックス スモークガラスチューブ
  • カラーチェンジ用オーリング x2セット(青/赤)
  • 予備ネジ類(シングル/デュアルそれぞれ1セットずつ)
  • (恐らくカンタル製)プリメイドコイル x2個
  • 工具(プラスドライバー、六角レンチ)

これでもか!ってぐらい予備パーツを含め、ボリューミーな内容ですね。
デッキはデュアルとシングルが付属しており、目的に応じて選択できるのは嬉しいところ。
地味にカラバリのゴムリングがあるのが素敵。

残念なところは全体的に作りが雑な点。
嵌合が悪かったり、ガラスチューブにOリングがくっ付いて端切れがガラスに残ってました。
特に嵌合の悪さはこの製品の売りである『リキッド入れたままデッキアクセス』が出来なくなるので致命的です。

ビルド

RTAですし、ビルドしていきましょう。
コイルはSS316L 28g 3mm 8wrap、約0.9Ωのシングル。
デッキをシングルに交換し、ウィッキング用のリングを外しておきます。
次にコイルを設置する訳ですが、シングルの時はネジが回る正方向に対してワイヤーを巻くようにするとウィッキングの時にリングが引っ掛からずに楽になります(写真はハミ出てますが、後で巻き込んでカットしています)。
コイルの位置が決まったら焼き入れしてウィッキングです。

cthulhu_rta03.JPG

cthulhu_rta04.JPG

他のレビューアーさんの話ではウィッキングで失敗して漏れるとかありましたが、私はウィッキングにハマってイガりまくりましたw
5日間ほどドツボにハマって得たポイントは二つ。

1.コットンの量は多すぎ少な過ぎず、長さは適度に。
2.リングは必ず最後に付ける。

当たり前のことなんですが、私は2番を無視してリングを付けた状態でウィッキングし、ジュースホールにコットンを通してイガりまくってましたorz
最短3分でイガって咽せる始末。

まずはコットンを通します。
適量と書きましたが、要するにコイル内径にぴったりの量ということです。
スカスカじゃなければOKだと思います。
次にベースに届くぐらいの長さでカットします。
手は汚れますが、ここでリキッドを染み込ませます。
しっとりしたコットンをジュースホールに這わせておいて、リングをゆっくり回していきます。
その際にウィックを噛み込むようなら多いので少し削ぎましょう。
スルスルと回ればOKです。

cthulhu_rta05.JPG

↑は悪い例

試飲

このRTAはウィッキングがシビアなので、ビルド直後は満タンにせずに様子を見てからフルチャージするのがオススメです。
トップチャージなので、まずジュースホールを時計方向に回して閉めてAFCも全閉にします。
トップカバーを外してリキッドをチャージしたらトップカバーを閉めて、逆さにしてからAFC解放、ジュースホールを反時計方向に回して解放してやって下さい。
とりあえず、このやり方で一度も漏れはありませんでした。

今回吸うのはコスパ最強XL VAPORのエメラルドスプラッシュを吸ってみます。

すぅ〜、ぷっはぁ〜。うまうま。味濃いわ〜。

この感想は何回もウィッキングを試行錯誤してからの感想ですw
ビルドがシングル0.8Ωなので煙量は控えめですが、非常に味が濃くて美味しいです。
エメラルドスプラッシュがメロンソーダというよりかき氷にかけるメロンシロップに感じるぐらいには濃くてしっかり味が出ています。

まとめ

シングル/デュアルの両方を使えて、非常に楽しいRTAです。

ただし、切削精度はそこまでよくないので、リキッドを入れたままデッキにアクセスしようとするとデッキとチムニーの勘合強度が強く、タンク側のトップカバーとチムニーの接合が回ってしまい、1回リキッドを盛大にこぼしてしまいました。
デッキ交換やリウィックの際にも外れにくいので、チムニーに輪ゴムを巻き付け+デッキ側はラジペンで無理矢理回すのが日常です。
(=リキッドがなくなった状態じゃないとデッキにアクセスできない)

味良し、タンク容量よしで常用したいのですが、XLのメロンみたいにガンクが溜まりやすいリキッドを利用していると毎日ウィックを交換しなきゃいけないので、デッキアクセスの悪さはまさに致命的です。
実際、現在は箱にしまっている状態です。

私が購入した個体の精度がワーストで悪かったのかもしれませんが、あまり人にオススメしたいRTAではないというのが素直な感想です。

購入元