« TESLA THREE メイン COV Vengence »

September 3, 2016

INNOKIN iSUB G Tank

今回はクリアロマイザー、INNOKIN製 iSUB G Tankのレビュー。
Teslacigs Threeのおまけで付いてきたアトマイザですが、割とお気に入りです。
スペックはこんな感じ。

口径22mm
高さ46mm(DT/スレッドは含まず)
素材ステンレス/パイレックスガラス
スレッド510/調整不可
ドリップチップ510/交換可能
容量3.8ml
リキッドチャージ方式ボトムフィル
AirFlowControlボトム/2スリットの無段階調整

本体にはカンタルの横置き 0.5Ωがセットされており、予備で同じコイルがもう1つ添付されています。
予備パーツはそのコイルとオーリングのみでDTやガラスチューブはなし。

吸ってみた感想ですが、煙がよく出て、味も美味い良いアトマがファーストインプレッション。
JoyetechのTRONアトマイザは悪くはないけど、このiSUB Gと比べると少し味が薄い気がします。
もしくはこのiSUB Gの味が濃いのかもしれませんが、ともかく美味い。
煙量は0.5Ωですから、コメント不要ですね。
あと、このコイルの特徴として、出口側にメッシュがあるのでスピットバックを軽減してくれます。
isub_coil.jpg.JPG

しかし、日々使ううちに弱点も見えてきます。
AFCを全開にするとピーピー笛のような音が響くので、出先で使うなら調整した方がいいです。
DTがワイドボアで個人的には使いにくい(これは後日、ROYAL PUFFSに換装しました)。
あとはやっぱりボトムフィルはメンドクサイです(重要)。

総合的には非常に良いクリアロだと思いますが、今買うなら後継機種が出ていますのでそちらをオススメしたいです。
ただiSUBシリーズはコイル種類も豊富ですので、汎用性は高いです。
味は美味いですし煙量も出ますが、恐らくはASPIRE CLEITOの方が濃いし出るでしょう(使ったことないけど、世間ではそういう評価なので)。
ですが、CLEITOは爆煙なので燃費が悪いそうで、私みたいにチェーンしまくりの人間からするとこれは死活問題です。
そこそこの味、そこそこの煙量、そこそこの燃費・・・平日出社〜帰宅までを考えるとiSUBシリーズは非常にいいのではないかと思います。

iSUB SかAPEX 5買おうかと悩みましたが、とりあえずGで不便はあっても困ることはないのでそのまま使うことにしました。
これからどれか買おうかと思っている人は下記動画を参考して頂ければいいと思います。