« ぬこ様の一日 | メイン | ぬこ様の一日 »

2007年09月04日

こねこ

うちの前の道に、白玉によく似た可愛い子猫がいました。
まだ小さくて少し汚れた子猫です。
喉が枯れてて、鳴いても声が掠れていました。
でもうちには抹茶と白玉がいるから。
拾うことは出来ません。
もしも病気をもってたら。
それがうちの子にうつったら。
そう考えるととても怖くて。

でもその子はとてもなつっこくて。
自分からこちらに擦り寄ってきました。
マンションの中にまで入ってこようとしました。
飼われていたのか、可愛がられているのか。
人間に対する不信感なんかは全くないようでした。

「だめだよ」と言って、マンションから出しました。
まだ鳴いてる声を聞きながら、部屋へ戻りました。
何だか胸がとても痛かったけど。
でも自分は飼うことが出来ないから。
ヘタに手を出しちゃいけないと思いました。
でも、今度見つけたら。
里親さんを探してあげようかと思います。
お母さんがいるかもしれない、可愛がってる人がいるかもしれない。
でも首輪をしていないその子は野良で、ガリガリだったから。

どうするのが正しいとかはわからないけど。
でもうちの子に何かあってからでは遅いし。
でも放っておくことも、苦しいから。
出来る事をしようと思います。

written by snowfield

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1264

コメント

コメントしてください




保存しますか?