« 入院 | メイン

2009年05月28日

退院してから

 ・5月16日-17日
二日ともに、病院へ。
皮下輸液、酢酸リンゲル液300ml。
17日には血液検査。
PCVが徐々にさがってきていて、そこがとても怖い。
前回はねあがってしまったリンの数値も、まだ正常でこそないが下がってきている。
ご飯を食べてくれているので電解質のバランスもいい。
PCVが・・・。
あまりに貧血がひどくなった場合は、造血ホルモンを打つらしい。
ただこれは人間用らしくて。
人間用を猫にうつのだから、抗体が出来てしまう。
抗体が出来てしまったら、きかなくなってしまう。
これから長い付き合いになる病気だからこそ出来るだけ使いたくはない。
体のバランスがまだ整っていないせいもあるでしょう、という先生の言葉に縋るしかない。
前までは動物用の薬もあったみたいだけど・・・。
結局は人間用が出来たときに、破棄されてしまったらしい。
そこまでの、過程だから。
なんだかな・・・・ほんと。
右手は大分もとの大きさに戻ってきて、本人もあまり気にしなくなってきた。
びっこもなくなった。
水をよく飲んで、おしっこを沢山出している。
ご飯も、腎臓サポートは本当にまずいですと念を押されていたのでビクビクだったのだが無事食べてくれる。
メルクメジンという活性炭がリンを吸収して体外に出してくれるとのことで処方してもらう。
一日1袋。
ウェットにまぜたところ気づかず食べてくれる、鈍くてよかった。
ただウェット自体我が家ではほとんど出してなかったのもあり、非常に食べずらそうというか食べるのが下手。
なめてなめて、しまいには飽きてしまい結構な量を残す。
炭も残すことになってしまう。
16日・17日はとりあえず朝と夜に分けて炭をウェットにまぜて与える。
最初はウェット100gの3分の1だったが多いと感じたので17日には6分の1に。
抹茶は出しておいた枕に横になっている時間が多い。
ひざに乗って、右手を圧迫するのはまだ痛いらしく膝に長時間は乗らない。
水はよく飲むしご飯も食べるがそれ以外の時間はほとんど寝ている。
貧血のせいだろうか。

遺伝的なもの、という言葉もあり日曜に白玉の尿検査をしてもらうことに。
朝必死でとったおしっこは、真っ赤でした。
前にも見覚えがあるとおり結果は膀胱炎。
ただ濃さを見る限り腎不全の心配はないだろうということで少し安心。
しかし今回の膀胱炎、シュウ酸カルシウム(?)、溶けない石が発見されました。
女の子ということで多少は安心できるようですが、これが膀胱内でくっついて石になってしまったら。
そのときは開腹になるといわれました。
とりあえずは沢山水を飲んでおしっこと一緒に出してくれる事を祈りましょうと。
本来ならばPhバランスのご飯がいいみたいなんですが・・・。
このご飯、抹茶には毒です。
万が一にも食べてしまったら。
それを考えると怖い。
先生と相談した結果、腎臓サポートを抹茶と一緒に食べさせるということになりました。
ちょうど、なぜか、まずいと評判の腎臓サポートを白玉ももっさもっさと食べてくれているので。
ある意味ちょうどいい・・・のか?

血液検査結果
【】内は正常値・()内は前回の値、赤字は特に重要な項目です
>は測定不能(振りきれ)です

17日(日)
PCV・血球容積 16(18)     【24~45】

BUN・尿素窒素、腎 98.8(138)     【17.6~32.8】
Cre・クレアチニン、腎 3.7(5.7)     【0.8~1.8】

Na・ナトリウム 145(144)     【147~156】
K・カリウム 4.1(3.2)     【3.4~4.6】
Cl・クロール 111(107)     【107~120】
Ca・カルシウム 12.4(11.9)     【8.8~11.9】
P・リン 7.4(11.4)     【1.7~7.2】

written by snowfield

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1344

コメント

コメントしてください




保存しますか?