« 病気発覚 | メイン | 退院してから »

2009年05月28日

入院

 ・5月12日~15日
入院して、ずっと点滴。
電解質の補正をメインということで、食塩水にカリウムを混ぜたものを流しこんでいました。
入院した初日は、泡を吹いて首を振っていたらしくケージの中は泡でキラキラしてしまっていたそうです。
12日の血液検査、多少の改善はあったが電解質もまったく足りず危険値である事にかわりなし。
結局BUNが140オーバーから、測定可能域になったのは15日・・・退院した日。
毎日お見舞いにいって、結果を聞いて。
少しずつよくはなっていても、危ない事にかわりはないと何度も聞きました。
また、静脈点滴を入れてる状態でそれだから外したらどうなるか怖いとも。
それでも、初日の危険な状態を乗り切ってくれた。
それがとても嬉しかったです。
12日には、抹茶が一番よく食べるものということでササミをゆでたものを差し入れ。
数回に分けてですが完食。
13日には、これから一生お付き合いする腎臓サポートという腎臓食。
ウェットタイプを少々と、カリカリを少し食べてくれたと聞きました。
自分で食べて、飲んで、排泄する。
それが出来れば少しずつでもよくなってくれるから、と。
12日にはぜんぜん足りなかった尿の量も、13日にはどんどん出てくれるようになって。
会いにいって、ケージを開けてもらったら私の肩に手をかけて帰りたがって。
点滴を入れている右手は、パンパンにはれててとても痛々しくて。
でも一度使った血管は使えないから大事に使わなきゃいけないらしく、最後までそこの血管で点滴をいれていました。
3日くらいが限界なのに頑張ってくれました、といわれました。
しかも13日は病院は休みだったのに、わざわざ先生が時間をとって会わせてくれて。
いい病院にあたってよかったです。
14日には、うんちもしてくれて。
会いに行った目の前でおしっこもしてくれました。
この日は、電解質がだいぶ安定してきたので腎臓と肝臓にいい点滴に変更になっていました。
酢酸リンゲル液だったかな。
ただ脱水状態が改善されるにつれて、やはり貧血がひどいということがわかって。
腎性貧血じゃなければいいんだけどとの先生の言葉と、説明を受けました。
15日、午前中に血液検査を終えて無事夕方に帰宅。
ずっと140オーバーで数値がまったくわからなかったBUNも140を切ってくれたのが安心しました。
下がってはいると思うけど、数値がいくつなのか読めないって凄い不安ですね。。。
パンパンの右手も、この日ようやく解放。

家に帰った抹茶は右手をしきりに気にして、びっこをひいていました。
そして即効爪とぎへ・・・。
右手が痛いだろうに本気でバリバリとやっていました。
ストレス溜まってたんだろうな。。。
右手の腫れは徐々にひいてはいったものの、15日のうちに完全に元に戻ることはできませんでした。
びっこもその間は継続。
この日はご飯はもう病院であげたとの事で、水だけ設置。
水はがぶがぶと飲んでくれました。
トイレにも頻繁に。
これからは、当分は毎日・そのうち週に数回病院に皮下輸液をしてもらいにかようことになりました。
血液検査も様子をみながら定期的に、下げ止まりを探していきましょうと。
なにはともあれ。
抹茶が帰ってきてくれて本当によかった。
・・・白玉は、抹茶の病院の匂いが嫌なのか抹茶の匂いをかぎにいっては威嚇してましたが。


血液検査結果
【】内は正常値・()内は前回の値、赤字は特に重要な項目です
>は測定不能(振りきれ)です

12日(火)
PCV・血球容積 ※23(30)     【24~45】

BUN・尿素窒素、腎 >140(>140)     【17.6~32.8】
Cre・クレアチニン、腎 10.6(11)     【0.8~1.8】

Na・ナトリウム 125(118)     【147~156】
K・カリウム 2.5(2.1)     【3.4~4.6】
Cl・クロール 95(84)     【107~120】

14日(木)
PCV・血球容積 ※21(23)     【24~45】

BUN・尿素窒素、腎 >140(>140)     【17.6~32.8】
Cre・クレアチニン、腎 7.6(10.6)     【0.8~1.8】

Na・ナトリウム 154(125)     【147~156】
K・カリウム 4.2(2.5)     【3.4~4.6】
Cl・クロール 117(95)     【107~120】
Ca・カルシウム 12.1(10.4)     【8.8~11.9】
P・リン 5.9(>15)     【1.7~7.2】

15日(金)
PCV・血球容積 ※18(21)     【24~45】

BUN・尿素窒素、腎 138(>140)     【17.6~32.8】
Cre・クレアチニン、腎 5.7(7.6)     【0.8~1.8】

Na・ナトリウム 144(154)     【147~156】
K・カリウム 3.2(4.2)     【3.4~4.6】
Cl・クロール 107(117)     【107~120】
Ca・カルシウム 11.9(12.1)     【8.8~11.9】
P・リン 11.4(5.9)     【1.7~7.2】

※・・・脱水症状が酷かったため高く見えたが、実際は酷い貧血状態

written by snowfield

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mokyumokyu.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1343

コメント

コメントしてください




保存しますか?